風間直樹のON&OFF

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LINKS
LINKS
バナー
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ニコニコ超会議2019

JUGEMテーマ:ニュース

 

今年も「ニコニコ超会議2019」が「幕張メッセ」にて、今週末から2日間(4月27日・28日)に渡って開催されます。

今年の超会議は平成最後とあって、いつも以上に盛り上がっている様子です。

昨年は16万人以上の来場者があったそうで、今年はどうなるのでしょうか。

 

さて、

超会議では色々なステージイベントが沢山予定されておりますが、

そのうちの一つ、

超演奏してみた・平成史を演奏してみた」のステージに出演する事になりました!

 

「平成史を演奏してみた」は、

1日目・4月27日(土)が平成元年〜平成15年、

2日目・4月28日(日)が平成16年〜平成31年、

というスケジュールです。

細かなタイムスケジュールはコチラ

 

自分は、イベント2日目(4月28日)の演奏してみたステージにて、

平成29年課題曲「ようこそジャパリパークへ」(テレビアニメ「けものフレンズ」オープニングテーマソング)を、

ヴァイオリンで演奏します。

さすがに、この規模のイベントステージでの演奏は経験が無いので、ちょっと緊張気味です。

でも、やるからには思い切り盛り上げて、自分もハジケたいと思っています。

 

現在は日々練習中ですが、先週レッスンで、

自分が師事している先生(プロヴァイオリニストです)に事情を説明して指導して頂きました。

すると色々とヤバい事が・・・。

 

先ず、曲の尺が伝えられてないのが問題とのこと。

プロでは当たり前だそうなのですが、「曲の尺」つまり長さですね。

確かにテレビアニメでは1番の歌詞しか歌われて無いですね。本当はもっと長い曲なのですけれども。

運営様に問い合わせしてもどうもハッキリ決まってないのか、

もしくはオリジナルの尺に決まってるでしょ、という事なのかイマイチわからない。

まあこれはオリジナルを全部通せるようにしておきましょう。

 

それから、先生の前で演奏した際に指摘された事が、ボーイングが決まってないのが問題との事。

この辺り、音楽をやってないと分かりにくいかもですが、

クラシックとポピュラー音楽(っていうかアニソンだしw)、アプローチの仕方が大分違いますね。

クラシックはとにもかくにも、まず楽譜。

楽譜に始まり楽譜に終わる位なモノで、楽譜をどう読み込んで、どう読み解くか?そこに自分なりの解釈を加え、

みたいなアプローチをしますね。

ところがアニソン等はそもそも楽譜が無いことが多い。

ロックギターの方々はそうしていらっしゃる方が多いかと思いますが、基本「耳コピ」ですよね。

で、自分も全て耳コピで演奏してました。

まあ行き当たりばったりでの演奏になる訳です。

そうするとですね、弾く度にボーイングのアップダウンがてんでんバラバラ。

1回目はアップで弾いた音符が2回目はダウンで弾いてる。

これではダメと言われてしまいました。

 

そこで楽譜をなんとか手に入れるべく探していて、

「けものフレンズ」のCDに付録で楽譜が付いている事を発見。

早速アマゾンで購入しました。

TVアニメ「けものフレンズ」キャラクターソングアルバム「Japari Cafe」です。

 

そして楽譜です。

ピアノスコアですね。

なんとピアノアレンジが「事務員G」さんでした。

実は演奏してみたステージ本番では、この事務員Gさん率いるバックバンドが入ってくれる事になっているのでした。

これは心強いですねー!

 

この楽譜を元にヴァイオリンパートを自分で書き起こしました。

こんどはちゃんと楽譜で練習(汗)。

 

弓のアップ・ダウンも決めて、必ずいつも同じように弾けるようにしなさいとのご指導でした。

そうしておかないと本番でミスをしやすい&ミスした時にリカバリーしにくいのだとか。

オケだと万一落ちても、ごまかしつつ復帰するテクニックなんかがありますが、

今度の演奏はヴァイオリンは自分だけ。

自分の他はトロンボーンさんとエレキギターさんなので、ボーカルラインは自分が演奏する事になるはず。

これでミスは目立ってしまいますよね。

頑張らねば。

 

当初、自分は普通のいわゆるアコースティックヴァイオリンを演奏するつもりでいたのですが、

舞台監督さんから「アコースティックでは無理」と言われてしまいました。

考えてみれば当たり前ですが、クラシックコンサートではなく、バンド編成で演奏する訳です。

エレキギター×2・エレキベース・キーボード・ドラムス・トロンボーン、

ここにアコースティックヴァイオリンが入っても音は聞こえませんよね。

そこで、エレキヴァイオリンで行くことになりました。

Barcus Berryのエレアコです。

素敵な色でしょ?

(顔色が悪いヴァイオリンと言われてショックを受けたことがありますが・・)

名前は雫(しずく)ちゃんです。

 

アンプも持ち込みです。

アンプは持ってなかったので、

クロサワバイオリン新宿店エレキフロアーにてご相談させて頂き、

買ってきましたー!

FISHMAN LOUDBOX MINI CHARGEです。

このアンプはバッテリー駆動で、ダイレクトボックス(DI)内蔵の優れもの。

出力も60Wでステージパフォーマンスもこれでバッチリです。

 

4月28日(日)、幕張メッセのHALL 1-A15のステージで午前11時開演の予定です。

ニコニコ超会議にお越しの方は是非ライブをご覧ください。

 

また、当日はニコニコ生放送でライブ中継が予定されているので、

ご興味のある方は是非ご視聴してみてください!

 

以上、お知らせでした!

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://polar-star.jp/trackback/360