風間直樹のON&OFF

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LINKS
LINKS
バナー
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アートクレイシルバー 第5回ワークショップ

JUGEMテーマ:アート・デザイン

ステンドグラススタジオシリウスです。

アートクレイシルバーのワークショップも5回目になりました。

弊社ステンドグラス教室在校生向けに行っておりますが、まだ受講していない方も沢山いらっしゃるので、

今後も不定期ですが続けていきたいと思っています。

 

初めに講師から簡単な説明があり、

皆様思い思いのデザインで作り始めました。

 

本番の前に普通の粘土で試作します。

アートクレイシルバーは乾燥が早く、密閉されている袋から出すとすぐ水分が蒸発してしまう為、

なるべく手早く形にするために試作を作ります。

ここでじっくり作りながら手順を確認していきます。

 

 

製作中にヒビ割れたり切れてしまった場合は、柔らかく溶いてある材料で修正できます。

 

ホットプレートで乾燥中です。

良く乾燥させてから焼かないと失敗してしまいます。

耐熱シリコンはホットプレートに乗せても大丈夫。

 

十分乾燥させてから電気炉で焼きます。

写真では炉内温度が467℃と表示されています。

炉内を加熱してから800℃で焼きます。

 

焼き上がりましたら火傷しないように団扇で扇いで冷まします。

 

冷めましたら金ブラシで磨いていきます。

窯から出したばかりの作品は白っぽいですが、

ブラシで磨いていくと銀の輝きになります。

 

コチラは講師をお願いした先生の私物で、

液体に細かいステンレスの玉が入っており、

作品を入れ、回転させることによって自動で磨ける装置です。

 

これは温泉の元「ムトウハップ」です。

銀をいぶして黒くさせるのに使います。

※ムトウハップは生産が終了していて現在は入手できないようです。

「草津温泉ハップ」や温泉地で販売されている「湯の花」でも代用できるみたいです。

 

ピカピカの銀が「いぶし銀」になりました。

 

 

出来上がった作品色々ご紹介!

 

 

 

 

皆さん素敵な作品が出来上がりましたね!

 

こちらのワークショップは今後も継続して行っていく予定ですので、

まだの方は是非ご参加ください。

開催が決まり次第教室にて告知させて頂きます!

 

当ステンドグラス教室はステンドグラスだけでなく、

ステンドグラス工芸に関連するフュージングや木工、

また今回ご紹介したシルバーアクセ作りなど、

仲間と色々楽しめる教室です。

 

在校生の皆さまからは大変楽しい教室とご評価頂いております。

新しい趣味を始めてみませんか?

 

ステンドグラス作り体験レッスンも好評開催中ですので、

体験レッスン

ご興味のある方はお気軽にお問合せ・ご参加ください。

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://polar-star.jp/trackback/357