風間直樹のON&OFF

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LINKS
LINKS
バナー
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
渓流釣り行って来ました!

JUGEMテーマ:趣味

 

自分はフライは勿論、毛ばり系は全くやった事が無く、なんとなく敷居の高さを感じて

手を出せないでしました。

ところが先生が最近、知識ゼロから見よう見まねで「テンカラ釣り」を始めました。

素人には釣れないんだろうなと思いきや、どっこいこれが結構釣れる(笑)。

毛ばり初挑戦でイワナ5尾は立派な釣果。

山小屋の親父さんからも「筋がイイ」と褒められたようで。

 

普段から色んな釣りを楽しんでいるのでセンスが磨かれているのだと思う。

釣りの上手な人は、何を釣らせてもソコソコ釣るものです。

 

こうなったら自分も挑戦せずにはいられません。

という事で、今回はテンカラ初挑戦でございます。

果たして・・。

 

テンカラは夕マズメ(ゆうまずめ:夕暮れ時の良く釣れる時間帯)のゴールデンタイムに取っておくとして、

先ずはルアーで活性をチェック。

雨が降っていたのですが、ルアーへの反応はそれ程でもなく、ボチボチでした。

 

雨が降っている最中、パーッと晴れ間が出て美しい景色が出現しました。

カメラが良くないので綺麗さが伝わらない(_ _|||)。

 

 

今回はベイトフィネスにも挑戦するべく、

ルアータックルでも新兵器を投入しました。

「DAY GAME LOT 100」

キャスティングに売っていたオモチャロッドです。

オモチャロッドの雄といえば「鱒レンジャー」ですが、

更にチャッチイ感じで、長さが1mしかありません。

しかし、振ってみた感じがかなり好みだったので即購入。

お値段1240円也。爆安です!

段ボールにまとめて売っていましたが、

「お子様のオモチャに!」みたいなPOPが貼ってありました。

そういう竿です(笑)。

 

これを魔改造。

ロッドの短さは自由度に直結、自在なキャストを可能にします。

この特性を更に生かすべく、

スナップを利かせたキャスト時にリアグリップが手首に干渉しにくくする為、

リアグリップを切り落としました。(短かッw)

 

また、トップガイドはSICガイドに付け替え、

合わせるリールは「daiwaアルファスエアー・ストリームカスタム7.2L」

このリール、渓流ベイトフィネスの第一人者である本山博之氏がプロデュースした

新進気鋭のリールなのだ!!

 

という道具で挑んだベイトフィネスデビュー戦。

結果はイイ型を何本か釣る事が出来て楽しかったです!

 

 

途中、先生がいいトロ場を発見して早速餌釣りで攻めてみました。

ここで良型を3尾程ゲット。

良いポイントですね。

魚は全てリリースしました!

 

 

夕方になってお待ちかねの毛ばりタイム!

初挑戦でいきなり釣れましたァー!!

初めて毛ばりで釣った記念すべき初イワナ。お腹の黄色がカワイイ。

ありがとうと感謝しつつ川にお帰り頂きました。

 

先生にも来ました!

 

綺麗なヒレピン天然君です。

 

毛ばりの釣り方がだいぶ分かって来たみたいで、

先生はポンポン釣ります!

 

毛ばりは真っ白なパラシュートですね。

 

いまやっているのは水面に浮く毛ばり、ドライフライを使った「ドライフライてんから」。

西洋毛ばりのドライフライを和式のテンカラ道具で使う、通称「ドラてん」です。

トップウォーターゲームなので、バシャンと魚が飛び出します。

この釣りはハラハラドキドキ感が堪らないですネ。

 

本来のテンカラは水面直下を、毛ばりを沈ませて釣るのですが、

やっぱりトップウォーターは面白いですね!

私のテンカラ初挑戦での釣果はイワナ4尾でした。

思った以上に釣れて、自分でもビックリ!

 

遊んで頂いたお魚さん達は全てリリース致しました。

また遊んでネー!!

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://polar-star.jp/trackback/341