風間直樹のON&OFF

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LINKS
LINKS
バナー
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
コンサート
JUGEMテーマ:音楽


私のバイオリンの先生がコンサートを開催することになり、
先週、神楽坂の「音楽の友ホール」に聴きに行きました。

ソロリサイタルではなくStrings&Piano Concert 〜秋風にのって奏でる音色達〜
という催しで佐野先生のバイオリンの他、チェロとピアノ(2名)のコンサートでした。

<演 目>

フォーレ: 夢のあとに
ドヴォルザーク: ロンド 作品94   
                        チェロ:澤登有紀
                        ピアノ:増田直美

ファリャ: スペイン民謡組曲より ・ムーア人の衣装
                 ・子守唄  
      オペラ「はかなき人生」より
                 ・スペイン舞曲第1番 
                        バイオリン:佐野友香 
                        ピアノ:山下望

ブラームス: 幻想曲集 作品116
                        ピアノ:増田直美

アルベニス: イベリア第3集より  エル・アルバイシン
フランク: プレリュード、コラールとフーガ
                        ピアノ:山下望

シューマン: アダージョとアレグロ 作品70
ポッパー: ハンガリー狂詩曲 作品68
チェロ:澤登有紀
                        ピアノ:増田直美


チャイコフスキー: なつかしい土地の思い出 作品42 より
          ・瞑想曲
          ・メロディ
                        バイオリン:佐野友香 
                        ピアノ:山下望

アンコール演目
C.キュイ: オリエンタル
G.ブラーガ: エンジェルズ・セレナーデ

小さいホールでしたので(しかも全席自由のため、早く行って並んだのでかなり前の席)
目の前でプロの演奏を鑑賞でき、刺激を受けました。
女性の演奏家は男性と比べ、舞台衣裳が華やかで良いですね。
今回は全員女性の舞台でしたので華があり大変素敵でした。

不勉強なため演目のほとんどが知らない曲だったのですが(先生ごめんなさい・・)、
フォーレの「夢のあとに」はテレビドラマ「北の国から」で印象的に使われていたことからよく知っていました。
同様に今回は演奏されませんでしたが、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」もドラマの中で使われ印象に残っています。
ドラマや映画って音楽と共に心に残るモノなのだなと今回思いました。

話は飛びますが、北海道育ちなので「北の国から」はいつも特別な感慨を持って観ていました。
テレビに絶望した倉本聰がもうこれで最後、と言って製作したというテレビドラマ「風のガーデン」がフジテレビで10月スタートするらしいです。
ちょっと期待しています。
倉本聰ならずとも最近のテレビは見るに堪えないと感じています。
このところ、めっきりテレビを見る時間が少なくなりました。一度も電源を入れない日があったりして・・。
常にテレビのある生活をしている人からすると信じられないでしょうけど。
テレビがつまらない、見る番組が無い、などの話をすると「それはあなたが歳をとったからだよ」と言われることがあります。
そうかも知れないな。大人になったって事かしら??

噂で聞いた話ですが(根拠も裏付けも無い話ですよ)最近のテレビは視聴率至上主義なので兎にも角にも「視聴率」。そこでテレビ局は基本的に番組は「小学生」向けに作っているらしい。これは小学生が喜ぶ番組という意味の他に、小学生でも理解できるという意味も含んでいて、たとえばバラエティー以外にもクイズ番組やドラマもそういう風に作っている。小難しいのはヤルなとも。理由は小学生向けに作った番組が一番視聴率が取れるからだそうだ。
(ということは当該の小学生の他に中・高・大の学生さんや中年〜お年寄りまで皆そういう番組を好んで見て、視聴率に貢献してるって事になります)

いくらなんでもテレビ局でそれはナイだろうが、まんざら全てが単なる噂でもないような気もしてくるから嫌になっちゃいます。

さて、
先生の素晴らしい演奏を聴いていると、少しは練習しないとなあって気持ちにもなります。でもなかなか日中練習する時間がありません。夜は騒音苦情が出てしまうかも知れませんし。(夜は練習したことが無いので苦情が来たことは未だありませんが)
11月にホールでアンサンブル指導的な催しがあります。お題はパッヘルベルの「カノン」です。発表会ではないのですが先生の指導のもと曲を仕上げるというヤマハでは人気の催しです。
参加予定ですが、出るからには最低限きちんと通せるようにはなっていたいのでこれからちょっとやらねば・・・。




     


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://polar-star.jp/trackback/104