風間直樹のON&OFF

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LINKS
LINKS
バナー
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
木更津でハゼ釣り

JUGEMテーマ:趣味

木更津方面へハゼ釣りに行って来ました。

そろそろ育って、ちょっと大きくなってきたかなと期待して行きました。

 

先生ダブルでヒット。

 

デキハゼサイズは混じりませんでした。

が、もう一回り大きいと更にうれしいんですが。

ポツポツ釣れました。

これからは日に日に大きくなります。

落ちハゼ釣りは、肌寒くなるころから面白くなって来ます。

 

 

ハゼ釣りの後はアジを狙ってみました。

小アジがポツポツ釣れました。

南蛮漬けやアジフライに良いサイズですね。

 

 

夜になったので、今度はブッコミ釣りをやってみました。

何が釣れるかな〜。

ワクワク(・∀・)

 

アナゴが釣れましたー!

ヤタァー、うれしー。

 

 

ということで、翌日の晩御飯はテンプラだー!!

 

アナゴの天ぷら。

 

シャコも釣れたので茹でてみました。

殻をむいて食べましたが、エビとカニの中間的な味で美味しかった。

 

アジもテンプラにしてみました。

おいしい〜!

 

ハゼは定番のおいしさ!

 

アジはお刺身も作りました。

小さいのですが、ちゃんと脂が乗っていて(゚д゚)ウマー。

 

 

渓流釣りはオフシーズンに入ってしまったので、

秋は海釣りですね!

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

今季最後の渓流釣り

JUGEMテーマ:趣味

今季最後の渓流釣りに東北地方まで行って来ました。

 

朝一、自分はルアーで、先生は餌釣りで始めました。

 

 

釣り始めた直後にいきなり良い型出ました!

 

今回釣行の最大魚。28cm位。もうちょっとで尺。惜しい・・。

尻尾が大きい天然イワナです。

 

 

 

 

 

小ぶりですが綺麗な魚です。

エサ釣り好調。

 

ルアーの追いはイマイチでしたね。

 

初日の午後〜夕方はテンカラでトライ。

小型が多いですが、活性は良かったですね。

ロッドはNISSINのゼロサム・テンカラ。

テンカラ初心者の私にも使いやすいです。

 

型は小さいですが、連発でポンポン出ます!

楽しい!

 

 

初日ルアーへの反応が悪かったので、

二日目は自分もエサ釣りでやってみました。

 

今回の釣行でデビューのニューロッド。

シマノ「渓峰・尖」。

超高感度の渓流竿です。

 

新ロッドはデビュー戦で何尾か釣ることが出来て良かったです。

 

 

先生に良い型来ました!

 

良型連発!!

 

 

 

大変楽しい釣行でした。

 

針を飲まれて出血してしまった魚以外は全てリリースしました!

渓流は10月1日から禁漁に入ります。

漁協をはじめ地元の方々と、魚達に感謝しつつ、また来年の春会えることを楽しみにしています。

 

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

渓流釣り行って来ました!

JUGEMテーマ:趣味

 

自分はフライは勿論、毛ばり系は全くやった事が無く、なんとなく敷居の高さを感じて

手を出せないでしました。

ところが先生が最近、知識ゼロから見よう見まねで「テンカラ釣り」を始めました。

素人には釣れないんだろうなと思いきや、どっこいこれが結構釣れる(笑)。

毛ばり初挑戦でイワナ5尾は立派な釣果。

山小屋の親父さんからも「筋がイイ」と褒められたようで。

 

普段から色んな釣りを楽しんでいるのでセンスが磨かれているのだと思う。

釣りの上手な人は、何を釣らせてもソコソコ釣るものです。

 

こうなったら自分も挑戦せずにはいられません。

という事で、今回はテンカラ初挑戦でございます。

果たして・・。

 

テンカラは夕マズメ(ゆうまずめ:夕暮れ時の良く釣れる時間帯)のゴールデンタイムに取っておくとして、

先ずはルアーで活性をチェック。

雨が降っていたのですが、ルアーへの反応はそれ程でもなく、ボチボチでした。

 

雨が降っている最中、パーッと晴れ間が出て美しい景色が出現しました。

カメラが良くないので綺麗さが伝わらない(_ _|||)。

 

 

今回はベイトフィネスにも挑戦するべく、

ルアータックルでも新兵器を投入しました。

「DAY GAME LOT 100」

キャスティングに売っていたオモチャロッドです。

オモチャロッドの雄といえば「鱒レンジャー」ですが、

更にチャッチイ感じで、長さが1mしかありません。

しかし、振ってみた感じがかなり好みだったので即購入。

お値段1240円也。爆安です!

段ボールにまとめて売っていましたが、

「お子様のオモチャに!」みたいなPOPが貼ってありました。

そういう竿です(笑)。

 

これを魔改造。

ロッドの短さは自由度に直結、自在なキャストを可能にします。

この特性を更に生かすべく、

スナップを利かせたキャスト時にリアグリップが手首に干渉しにくくする為、

リアグリップを切り落としました。(短かッw)

 

また、トップガイドはSICガイドに付け替え、

合わせるリールは「daiwaアルファスエアー・ストリームカスタム7.2L」

このリール、渓流ベイトフィネスの第一人者である本山博之氏がプロデュースした

新進気鋭のリールなのだ!!

 

という道具で挑んだベイトフィネスデビュー戦。

結果はイイ型を何本か釣る事が出来て楽しかったです!

 

 

途中、先生がいいトロ場を発見して早速餌釣りで攻めてみました。

ここで良型を3尾程ゲット。

良いポイントですね。

魚は全てリリースしました!

 

 

夕方になってお待ちかねの毛ばりタイム!

初挑戦でいきなり釣れましたァー!!

初めて毛ばりで釣った記念すべき初イワナ。お腹の黄色がカワイイ。

ありがとうと感謝しつつ川にお帰り頂きました。

 

先生にも来ました!

 

綺麗なヒレピン天然君です。

 

毛ばりの釣り方がだいぶ分かって来たみたいで、

先生はポンポン釣ります!

 

毛ばりは真っ白なパラシュートですね。

 

いまやっているのは水面に浮く毛ばり、ドライフライを使った「ドライフライてんから」。

西洋毛ばりのドライフライを和式のテンカラ道具で使う、通称「ドラてん」です。

トップウォーターゲームなので、バシャンと魚が飛び出します。

この釣りはハラハラドキドキ感が堪らないですネ。

 

本来のテンカラは水面直下を、毛ばりを沈ませて釣るのですが、

やっぱりトップウォーターは面白いですね!

私のテンカラ初挑戦での釣果はイワナ4尾でした。

思った以上に釣れて、自分でもビックリ!

 

遊んで頂いたお魚さん達は全てリリース致しました。

また遊んでネー!!

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

ブッコミ釣り用投げ竿修理

JUGEMテーマ:趣味

 

所持している釣り竿が多すぎる(-_-;)ので少しづつ整理整頓しています。

ガイドが取れたまま放置されていた投げ竿を修理する事にしました。

ウナギなどのブッコミ釣りがお好きな取引先のグラフィックデザイナーさんがいるので、

この竿は修理して、進呈しようと思います。

 

サーフで使うような本格的な投げ竿ではなく、河口や防波堤でチョイ投げするのに使いやすい、

柔らかめのグラスの振り出し竿です。

 

一部ガイドが破損した際にトップガイドを抜いて、誘導ガイドを全て取り去ってしまっていました。

なので、今回修理にあたってパーツ屋さんでガイドを揃えました。

 

ロッドを伸ばして見当を付けて誘導ガイドを通していきます。

セットが決まれば、最後にトップガイドをエポキシで接着して終了です。

 

修理完了です!

 

喜んで使って頂けることになりました。

ありがとうございます。

 

今年は江戸川のウナギはどうですかねえ・・。

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

源流釣行に挑戦

JUGEMテーマ:趣味

いつも行っている会津地方に源流を攻めてみたい川があり、準備を進めていました。

ハーネスやエイト管、ロックカラビナやアッセンダーなどをAmazonで揃えました(笑)。

どれも自分は使った事が無い登坂器具ばかりですが、幸い先生(弟)は娘のエミちゃんと共に、

本格的にスポーツクライミングに取り組んでいましたので、器具の扱いはお手の物。

今回はセレクトから使い方まで全て先生任せです(笑)。

釣行前にスタジオ(職場)で、購入した器具の使い方、

ロープワークのプルージック結びなどの事前レクチャーを受けました。

 

源流といっても危険が伴う箇所はそれほど沢山あるわけではないと予想していました。

一番の難関は川に降りる所。

林道を奥へ進んでいくとやがて車が進めなくなり、そこで車を置いて、あとは徒歩で進みます。

崖崩れで大きな岩が崩落して道に散らばっていたりしていて、林道は奥に行くにつれ使われていない様子でした。

2時間弱ほど歩きで奥を詰めてから川に降りられそうなところ(といっても崖ですが)を探し、

ロープを使って川に降ります。

私がクライミング初心者であることと安全を考えて、垂直な崖は避けて、斜度がなるべくゆるい崖を探しました。

垂直の懸垂下降は相当に大変ですからね(-_-;)・・。

(帰りの登りは更に大変です)

 

渓流タビ、ハーネスにロックカラビナ、ザックにヘルメット、まさに源流釣り師の出で立ちですなあ。

 

良さそうな位置に大きな株を発見。

ココに昇降起点を作る事にしました。

 

ようやく崖を降り切って、ベースを作ってから釣りの準備をして川に出た所。

このときは大物が沢山釣れると信じていたのですが・・・。

 

結果は惨敗(-_-;)・・。

まさかとは思いましたが、先生が先行者の形跡を発見してしまいました😞。

こんなところにまで来る人はいないだろうと踏んでいたのですが、

どこまで行っても人は入っているんですねェ〜。

呆れるやら、感心するやら・・。

 

上流に行くほど川が狭くなりますので、先行者がいると途端に厳しくなってしまいます。

2人で頑張ったのですが結局坊主(釣果0)で終了。嗚呼(´Д`)。

 

クライミングの講習会よろしく先生のアドバイスを受けながらロープを使っての登り降り。

釣れなかったですがクライミング初体験だったので楽しかったです。

でも、川歩きで足腰が疲労している状態での、

帰りの崖登りがちょっとしんどかった(汗)。

 

 

翌日はいつもの川でのんびり釣りました。

釣果もボチボチ。

 

上流を詰めるほど釣れるというイメージを持っていたのですが、

今回頑張って上流を攻めてみて、

なんか、下流の方がかえって釣れる(&釣りやすい・アプローチが楽)のでは?

という感想です。

川の面積が広い方が、先行者がいても魚が残っている率が高いのではないか、と思います。

 

もちろん場所よっては「上流域が前人未踏のパラダイス」な川も当然あるとは思いますが、

首都圏からアプローチしやすい河川では限られちゃうのかなァと。

 

そんな訳で、源流部アタックは不発に終わったのでした(涙)。

まだまだ渓流釣りシーズンは続きます。

あと何回行けるかなあ。

 

 

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロギス釣り

JUGEMテーマ:日記・一般

仕事仲間のグラフィックデザイナーさんから「シロギス釣りに行きませんか?」とお誘いを頂きました。

デザイナーさんはお仕事仲間数人と参加されるとのこと。

久しぶりのシロギス釣りです。

シロギスを得意種目にしている先生も誘って、当方は兄弟で参戦することに。

 

江戸川放水路の伊藤遊船からシロギス乗り合いで出船です!

 

当日は大潮ということもあって潮が早く、尚且つ喰いもそれほど活発でなく、

なかなか渋い状況で、テクニカルな釣りが必要な展開に。

潮の流れ&風の影響もあって船の流れが速く、上手に釣らないとスグ仕掛けを引っ張ってしまう状況。

じっくり食わせたいのに仕掛けを落ち着かせるのが難しい・・(汗)。

自分は放らずに船下狙いで釣っていたのですが、パターンがつかめずに前半は苦戦。

先生は、バスロッドを使い、渋くてすぐに離してしまうアタリを上手く追従させて誘って釣るパターンで、

数を伸ばしています。

 

 

やけに引きが強いと思ったら、ホウボウが掛かってきました!

 

一荷で来ました。

やりますなァ。さすが。

 

良型来ましたよ〜!!

これデカいっす。

 

私も船下狙いは見切って、遠投する作戦に変更。

やっと後半なんとかパターンを掴めてきました。

 

終わってみれば先生が45尾。

当方は35尾。

後半なんとか追い上げました。

喰い渋りの中では上出来な釣果だったと思います。

 

釣りの後のお楽しみはコレ。

シロギスのフライです!

我が家の定番料理。

 

シロギスといえば天麩羅が定番ですが、

なかなかどうして、フライも美味。

食べたことない方は、一度シロギスフライを食べてみる事を強くお勧めします!

最高に美味しいですヨ!!

是非お試しあれ。

 

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワナ釣り

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年も渓流釣りシーズンがやってきました!

いつもの会津方面へ、今シーズン最初の釣行です。

 

緑が眩しい新緑の渓流です。

 

良いサイズが出ました!

天然物のイワナ27cmです。

今回新調したロッド「ABU トラウティンマーキス・ナノ」のテレスコでゲット。

振り出し竿は移動が楽ですね。

リールはゼブコのスピンキャスト。

最初の魚なので、晩御飯に頂くことにしました。

 

小ぶりなイワナがミノーにアタックしてきました!

カワイイ顔をしています。

 

でもさすが天然イワナ、尻尾が大きくてピンとしています。

体色がとても綺麗ですね。

写真を撮ってリリースしました。

 

 

大物が出ました!

先生が釣った尺イワナです!

DUOスピアヘッドリュウキ50Sを対岸ややダウンクロス気味にキャスト。

流心で出ました。

 

写真だと大きさが分かりにくいのですが・・。

なるべく早くリリースしたかったので写真撮影は最小限で。

 

 

こちらは先生がエサ釣りで釣った綺麗なイワナ。

尾びれが大きく発達しています。

 

体も筋肉質で太いですね。

 

この日は飽きない程度にポツポツと釣れましたが、

ほとんどが天然物で、養魚場育ちの放流物は1〜2尾しか混じりませんでした。

 

会津地方はイワナが特産品になっていて、

漁協の放流も盛んだと聞きました。

養魚場で育ったイワナはヒレの角が丸まっていますね。

それと体色が黒っぽいモノトーンです。なんか地味。

写真を見ると分かりますが、天然物はヒレやお腹が黄色やオレンジ色っぽいモノが多いです。

意外にカラフルですよ。

 

この日はイワナの塩焼きを先生と私で1尾づつ食べました。

上が放流物、

下が天然物。

尾ヒレの大きさと体色が違いますね。

 

イワナ釣りに行ったときはキャンプ場で自炊です。

 

先生が麻婆豆腐を作っています。

 

ステンドグラス教室の生徒さんから頂いた浦安名産アサリの佃煮です。

これ、ウマいです!おススメ。

 

麻婆豆腐も完成!

 

放流と天然のイワナの味比べは、天然の勝ちでした。

味が濃いし、肉質もしっかりしていました。

 

 

翌日もポツポツ釣れ、

自分達の食べる分だけ1尾づつキープしてあとは全てリリースしました。

 

お昼ご飯は地域の交流センターに行ってみました。

 

特産品イワナのフライ定食を発見!

注文してみました。

大変美味しかったです。

 

晩御飯にキャンプ場のご主人様から教わった、

郷土料理の「芋ったらし」を作りました。

 

キャンプで食べるとウマい味噌キュウリ。

生タイプのインスタントみそ汁を使うと手軽に食べられます。

味噌にワカメとか入ってますが(笑)。

 

この日は先生がイワナのムニエルを作りました。

 

 

&レトルトカレー。

 

カレーに入っている卵は、やはり生徒さんからの差し入れのウズラの卵です。

これもウマいです。

 

 

シーズン最初の釣行はやはりワクワクしますね。

今シーズンはあと何回行けるでしょうか。

次は7月に行こうと思っています!

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

 

木更津港のハゼ釣り

JUGEMテーマ:趣味

木更津港にハゼ釣りに行きました。

もうそろそろ、落ちハゼシーズンの開幕ということで、

試し釣りです。

 

真夏のように数は釣れませんが、大きく育った深場の落ちハゼが面白いです。

夏に比べ簡単には釣れなくなってくるので、多少技術も必要になって参ります。

最寄りの江戸川放水路では、まだ浅場で数釣りをやっているようでしたが、

落ちハゼを求めて木更津港へ。

 

昼前に着いたのでまずは腹ごしらえという事で、久しぶりにワンちゃんラーメンへ!

ワンちゃんは竹岡式。

木更津で竹岡式ラーメンが食べられます。

竹岡式ラーメンは醤油ラーメン好きにはたまらない、

ストレートで醤油を飲んでいる様なダイレクト感が味わえるラーメンです汗

本場竹岡の梅乃屋と同様、薬味はタマネギの微塵切りが乗っています。

本来竹岡式の麺は乾麺ですが、ワンちゃんは生麺です。

竹岡式に手を加えた改良型というようなラーメンです。

チャーシューも美味しくて、以前、年末に来た時はお正月用のチャーシューを売っていて、

飛ぶように売れていました。

 

私も先生もワンタンメンを注文。

ワンタンメン美味しいです。お勧めです。

店を出る頃には店内は満席でした。早めにいかないと待つことになるかも。

 

お腹もいっぱいになったので、木更津港へやってきました。

 

久しぶりの木更津港、ちょっと気になったのがゴミの多さ_| ̄|○

ビールの空き缶、ペットボトル、弁当の空き容器など。

いつも思うのですが、自分で出したゴミは自分で持って帰るくらいの事がなぜ出来ないのかしら?

あまりに目立つゴミは拾って来ましたが、本格的にゴミ拾いを始めると、

とても一人や二人では拾いきれない量のゴミが放置されています。

多分トラック満杯になる位かと・・。

 

先生と拾ったゴミを捨てるべくゴミ箱を探しましたが設置されていませんでした。

隣接公園に公衆トイレはあるのですが、付近にゴミ箱は見当たらず。

仕方ないので持って帰りました。

まあ、

ゴミ箱設置の有無も議論が分かれるところですが。

捨て場がある事で周辺のゴミ散乱は多少防げるかも知れませんが、

ゴミ箱を設置するなら余程きちんと管理しないと、たちまちそこがゴミ集積場と化して、

かえって、ゴミ箱なんて無いほうが良かった、なんて事になりかねません。

難しい問題です。

 

観光客や釣り客が港・公園に放置していくゴミの対策を、

地元漁協や市の公園緑地課などがアイデアを出しあって何とか解決できないものか。

 

その上で定期的な清掃活動なども必要かとは思うのですが。

 

ゴミ放置の他、違法駐車なども含め各地の港でも同じような問題はあって、

解決策を検討した結果、行きつくところは「立ち入り禁止」が多いですよね。

 

漁業者の仕事場で遊ばせて頂いているので、ある意味仕方ないのですが、

「立ち入り禁止」で観光資源としての海辺・港を切り捨ててしまうのは惜しい。

遊びに来る人達を邪魔者として排除するのではなく、

観光客として地元にお金を落として行ってもらえる仕組みを作れたら理想的です。

言うのは簡単ですが、難問ですね。

 

 

ゴミは持ち帰りましょうの看板が。

定期的に清掃活動を行っています。とのことなんですが・・

 

「木更津イルカ計画」

って

「人類補完計画」と関係があるのかな、ある訳ないな・・汗

 

なんて思っていたら、

お、居た居た。

釣り場に必ず出没する生き物がやっぱりここにも居りました(笑)。

ゴミやら何やら色々問題もありますが、

にゃんこには関係がにゃい!

人間社会の暗黒を走っていく〜♪

 

ほんと「すーぱーぬこになりたい」わ・・。

 

 

釣果の方は飽きない程度にポツポツ釣れて面白かったです。

 

そしてハゼ釣りの後のお楽しみはこれですよね。

ハゼの天ぷら〜。

美味しい〜。

 

ハゼはスーパーの鮮魚売り場にはほとんど売っていないので、

こればかりは釣り人の特権です。

ハゼの天ぷらを食べたかったら釣るしかないのだ!

 

落ちハゼシーズン始まりましたエクステンション

 

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

 

会津釣行

JUGEMテーマ:趣味

 

今季二度目の会津釣行です。

 

時間がある時にはよく寄るお店でいつもの「キノコ雑炊」を頂きます。

ウマいんだなこれが。

 

先生の方は最近「キノコらーめん」にハマっておりますペコちゃん

 

イヤー、渓流って本当に心が洗われますね。

深山幽谷な雰囲気です。

 

今回のテーマはスピンキャストリールで釣る!です。


ゼブコオメガZ02に合わせるロッドで選んだのが
メジャークラフトのトラゥティーノTTS-B4102UL。

天然木のリールシートにアルミのオリジナルパーツ、
そして傾斜グリップなど、お安いのになかなか充実した内容です。

メジャクラっていうと価格の安〜い初心者向けメーカーなんて言われていますけど、
それがどうした!安さは正義だ!
ってことで、メジャクラファンです。
自分のような週末アングラーには安いが一番なの!

カッコいいぜ手

ゼブコ・オメガZ02PRO&メジャークラフト・トラゥティーノエクステンション

(ゼブコ&メジャクラって完全お子様タックルじゃねーか!いいさ、皆に馬鹿にされてやるゼ!)

 

 

 

小ぶりなイワナちゃんですが、魂入りましたエクステンション

美味しく頂く分以外は出来るだけリリースを心がけているのですが、

初モノなので記念に頂きました。

自然の恵みに感謝!

 

超真剣(笑)。

 

エミちゃんも初イワナをゲット!

 

そして先生がやってくれました!

ビッグワン出ましたエクステンション

27cm位でしょうか。

幅広の大型ヤマメです。

凄い引きで、マジ焦ったそうです。

ヒレピンの立派なヤツですね。

 

 

その日の晩ご飯はイワナ・ヤマメの塩焼きです。

 

おおーゴージャス矢印上

 

キャンプ場のご主人から会津地方の郷土料理「芋ったらし」を教わって、

早速作ってみました。ウマいです!

 

差し入れに味噌芋も頂きました。ありがとうございます。

美味しかったです!

 

翌日の朝食はこんなです。

簡単に済ませて、とにかく釣りです!

 

久しく使ってなかった、メガバス・ライブXスモルトを投入しての、

イワナキャッチき

嬉しいですね!

 

このゼブコですが、2日使ってようやく少し慣れてきた感じです。

まだまだ全然下手ですが。

 

スピンキャストは投げ方に慣れが必要です。

最初は投げた時にルアーがどこに飛んで行くか分からない状態でした。

よく、スピンキャストの投げ方を片手で投げると解説している事がありますが、

実は両手を使って投げる方が、サミングも出来るので合理的です。

オーバースローの両手投げを「トップスナップキャスト」と言います。

オーバースローが出来るようになったら、サイドスロー・アンダースロー、そしてバックハンドなど、

慣れれば変幻自在な両手投げが可能になります。

 

左手はロッド(フロントグリップ)を持つ方もいますが、

私は左手でリールをパーミングするように持って、人差し指と親指でラインをつまんでキャストしています。

これも自分が一番しっくりくる方法で握れば良いと思います。

自分の行く渓流では距離よりはコントロール重視のポイントが多いので、

オーバースローよりはアンダースローを多用しました。

コツはゴルフのアプローチショットのイメージでしょうか。

ピンを狙ってアイアンでポーンとボールを置きに行く感じ。

(ゴルフはやらないのですが、イメージとしてはそんな感じ?)

ご興味のある方はスピンキャストリールの投げ方、調べてみると面白いと思います。

子供騙しのようでいて、実は色々奥が深いんですよ〜、このリール。ムフフ。

 

 

先生はドクターミノーフローティングジョイントで良型ゲット。

(本波ロッド、カッコイイです!)

ドクターミノーは安さゆえに(?)なぜか評価が低めみたいですが、

名品ルアーだと思いますよ。釣れます。

 

そして、極め付けは

「グレート鱒レンジャー改」で、ベイトフィネス炸裂ジャーエクステンション

デカイワナ来たコレ!

こちらもお子様ロッドの代表格、

渓流戦隊「鱒レンジャー」ですが、先生にかかればこんなモンです!

やるじゃネ〜か!

ルアーはDUOの「スピアヘッドリューキ」ですね。これも名ルアーです。

 

 

うわー、やべー、釣れそー(笑)。

 

本当に楽しい釣行でした。

今シーズンは9月末日をもって禁漁になってしまいますが、

年券買ったし、もう一回行きたいなあ〜。

仕事の都合を無理やり付けるかァ〜。

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

 

ゼブコオメガ Z02プロ  黒覆面参上!!

JUGEMテーマ:趣味

 

福島県会津方面へイワナ釣りに今季2度目の釣行が決まって、
秘密兵器を投入することにしました。

 

こ、これは!?
ゼブコのスピンキャストリールです。
又の名を
クローズドフェイスリール。
ゼブコ社から発売されているスピンキャストの最高峰、オメガZ02PROであります。

「フェイス」を「クローズド」するということで、訳すと「覆面」?ですね。
なのでこの種類のリールを覆面リールと呼ぶ人もおります。
Z02PROは黒なので、黒覆面。
ダースベイダーっぽいイメージもありますね。
怪しさ満点です!
イイエクステンション矢印上

 

ダイワの赤いスピンキャストリールにジオン軍のマークを貼って、
俺のリールはシャア専用だァ!ってやっておられる方のブログを読みましたが、
そういう楽しみ方、イイですね。

 

スピンキャスト使いと言えば谷地坊主。
谷地坊主スゲー!って言ってた世代なので。
厳密な事を言うと谷地坊主のはアンダースピンでしたね。
ダブルハンドのスピニングロッドを脇に挟んで・・
マニアック過ぎる話でスミマセン汗

 

世間では、この手のリールはお子様専用という評価になっているみたいです。
でも、
アメリカのバスプロと呼ばれる、釣りで生計を立てている方々の中にはこのリールの使い手がいるそうで、
プロが使う程なので本当のところはお子様専用ってことでは全然無いのだと思います。
ただ使い手を選ぶってことなんでしょう。
「使い手を選ぶ」ってなんかカッコイイ。

 

さて、渓流においては、
軽いルアーを手返し良く打って行く釣りでメリットがあるんじゃないかなあと思い当たり、今回投入することにしました。

 

 

パッケージを開けて、早速ロッドに取り付けて〜!!
ある程度は予測していた事ですが、やはりロッドへの装着で不具合が発生・・。
リールフットの厚みがあり過ぎて、リールシートに刺さんないんだよう( ノД`)シクシク…
仕方ない、削ろう。
ってことで、いきなり加工です。


最初グラインダーなどを使って削ってみましたが、結局棒ヤスリ使って手で地道に削る方がやり易かったわ。
アルミ製なので削るのはそんなに大変じゃあないです。
それにしても、
アメリカンなリールって、なんで日本のロッドにすんなり装着出来ないモノが多いんですかね。

 

それでですね、

デメリットを挙げたらキリがないリールのようですが、
色々目をつぶるとして、それでもなんとかならないか?と思うのが「糸撚れ」ゆう★
リールの構造上仕方がないのですが、工夫によって多少軽減はできそうです。

スプールにラインを巻く際、並行巻き出来れば、「糸撚れ無し」の状態から釣り始めることが出来るので、
使用感はかなり違うのではないか?と推測しました。

そこで、海釣り師にはお馴染みの「第一精工・高速リサイクラー」を使って
Z02のスプールにラインを並行巻きしてみました。
(ネットを見たら同じような事を考えておられる方がいらっしゃいました。)

高速リサイクラーにセットするには、ラインの空きスプール等でサンドイッチするようにします。

こういう事っすよ。

(真ん中の小さいのがリールのスプールね)

 


Z02のスプールは真ん中に大きな穴が開いているので、上手にセンター合わせをする必要がありますが、
まあまあ真ん中になっていて、回した時に大きく上下にブレなければ、大丈夫です。
濡れ布巾を使ってある程度テンションを掛けながら、且つ片寄りが無いように均一に巻いていきます。
(手動のレベルワインドのような感じ)

 

糸巻き量は色んな説があるみたいですが、巻き過ぎはトラブルの元になりそうなので、少な目。
スプールエッヂまで5舒麺召襪茲Δ亡いてみました。
庭でテストしましたが、キャストフィールは良好。
引っ掛かってルアーが飛ばない、とか、逆に糸の出過ぎによるトラブルも起こりませんでしたので、
これで行ってみたいと思います。

 

サンラインのトラウティスト・ワイルド4Lbを巻いてみました!

綺麗な緑色で視認性も中々に良さそうです。

 

覆面リールだけに「羊🐑の皮を被った狼🐺」ゼブコオメガZ02プロ。

お子様専用機が火を噴くぜエクステンション

か、どうかは、実釣してみないと何とも・・。
使い手を選ぶリールなので、そこも不安(アハハ)・・。

 

 

ステンドグラススタジオシリウス