風間直樹のON&OFF

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
LINKS
LINKS
バナー
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
生徒作品紹介(2017年7月・8月)

JUGEMテーマ:趣味

 

シリウスステンドグラス教室2017年7月・8月の生徒作品紹介です。

 

ブドウの壁掛けです。

外周はワイヤーで装飾しています。

 

スミレのデザインで写真立てです。

この作品も外周の装飾をしています。

 

大作ですエクステンション

桜の季節の小田原城をデザインしたとのことです。

写真では分かりにくいですが手前の桜花は立体的になっています。

お堀の水の質感を表現するのにウマいガラスを使いましたね。

 

これも大型作品ですエクステンション

壁掛けの鏡です。

 

天井から下げるタイプのランプです。

クリアーガラスを使ってアンティーク調のデザインです。

 

お花のパネル。

花の種類は調べてみたところ「金糸梅」(キンシバイ)というお花のようです。

 

みんな大好きエクステンション

トトロです。

フュージングや絵付け技法を駆使して上手にできました。

 

石膏の型を使ったスランピングで作ったお皿です。

 

松の壁掛けです。

 

ハチドリかわいいですね。

 

テラリューム。

 

ガラスで作った花台です。

このように使います。

 

全てのパーツがクリアガラスですが、

テクスチャー違いで組み合わせています。

面白いですね。

 

花の中心周りに飾り半田を入れています。

 

小物入れ2種。

 

小型ランプ各種。

 

これも小型のランプですが壁への映り込みが大変美しいですエクステンション

 

青い鳥。

鳳凰っぽい感じでしょうか。

 

コーヒーのペーパーフィルターの入れ物との事です。

なるほど。

 

フュージングで作った時計です。

ベースも文字盤も電気炉を使って作りました。

 

小物トレー。

 

鯉と紅葉。

和のテイスト。

ベースとなるガラスの使い方が上手ですね。

水の流れを感じます。

 

大作です。

オリジナルデザインで作ったランプです。

お見事。頑張りましたエクステンション

 

ベースも手作りの大型ランプです。

ベースは植木鉢を2つ合わせて石膏で固めて、

細かく切ったガラスを貼り付けて中心にコードを通して作りました。

大きな作品なので、かなり重かったですアセアセ

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

木更津港のハゼ釣り

JUGEMテーマ:趣味

木更津港にハゼ釣りに行きました。

もうそろそろ、落ちハゼシーズンの開幕ということで、

試し釣りです。

 

真夏のように数は釣れませんが、大きく育った深場の落ちハゼが面白いです。

夏に比べ簡単には釣れなくなってくるので、多少技術も必要になって参ります。

最寄りの江戸川放水路では、まだ浅場で数釣りをやっているようでしたが、

落ちハゼを求めて木更津港へ。

 

昼前に着いたのでまずは腹ごしらえという事で、久しぶりにワンちゃんラーメンへ!

ワンちゃんは竹岡式。

木更津で竹岡式ラーメンが食べられます。

竹岡式ラーメンは醤油ラーメン好きにはたまらない、

ストレートで醤油を飲んでいる様なダイレクト感が味わえるラーメンです汗

本場竹岡の梅乃屋と同様、薬味はタマネギの微塵切りが乗っています。

本来竹岡式の麺は乾麺ですが、ワンちゃんは生麺です。

竹岡式に手を加えた改良型というようなラーメンです。

チャーシューも美味しくて、以前、年末に来た時はお正月用のチャーシューを売っていて、

飛ぶように売れていました。

 

私も先生もワンタンメンを注文。

ワンタンメン美味しいです。お勧めです。

店を出る頃には店内は満席でした。早めにいかないと待つことになるかも。

 

お腹もいっぱいになったので、木更津港へやってきました。

 

久しぶりの木更津港、ちょっと気になったのがゴミの多さ_| ̄|○

ビールの空き缶、ペットボトル、弁当の空き容器など。

いつも思うのですが、自分で出したゴミは自分で持って帰るくらいの事がなぜ出来ないのかしら?

あまりに目立つゴミは拾って来ましたが、本格的にゴミ拾いを始めると、

とても一人や二人では拾いきれない量のゴミが放置されています。

多分トラック満杯になる位かと・・。

 

先生と拾ったゴミを捨てるべくゴミ箱を探しましたが設置されていませんでした。

隣接公園に公衆トイレはあるのですが、付近にゴミ箱は見当たらず。

仕方ないので持って帰りました。

まあ、

ゴミ箱設置の有無も議論が分かれるところですが。

捨て場がある事で周辺のゴミ散乱は多少防げるかも知れませんが、

ゴミ箱を設置するなら余程きちんと管理しないと、たちまちそこがゴミ集積場と化して、

かえって、ゴミ箱なんて無いほうが良かった、なんて事になりかねません。

難しい問題です。

 

観光客や釣り客が港・公園に放置していくゴミの対策を、

地元漁協や市の公園緑地課などがアイデアを出しあって何とか解決できないものか。

 

その上で定期的な清掃活動なども必要かとは思うのですが。

 

ゴミ放置の他、違法駐車なども含め各地の港でも同じような問題はあって、

解決策を検討した結果、行きつくところは「立ち入り禁止」が多いですよね。

 

漁業者の仕事場で遊ばせて頂いているので、ある意味仕方ないのですが、

「立ち入り禁止」で観光資源としての海辺・港を切り捨ててしまうのは惜しい。

遊びに来る人達を邪魔者として排除するのではなく、

観光客として地元にお金を落として行ってもらえる仕組みを作れたら理想的です。

言うのは簡単ですが、難問ですね。

 

 

ゴミは持ち帰りましょうの看板が。

定期的に清掃活動を行っています。とのことなんですが・・

 

「木更津イルカ計画」

って

「人類補完計画」と関係があるのかな、ある訳ないな・・汗

 

なんて思っていたら、

お、居た居た。

釣り場に必ず出没する生き物がやっぱりここにも居りました(笑)。

ゴミやら何やら色々問題もありますが、

にゃんこには関係がにゃい!

人間社会の暗黒を走っていく〜♪

 

ほんと「すーぱーぬこになりたい」わ・・。

 

 

釣果の方は飽きない程度にポツポツ釣れて面白かったです。

 

そしてハゼ釣りの後のお楽しみはこれですよね。

ハゼの天ぷら〜。

美味しい〜。

 

ハゼはスーパーの鮮魚売り場にはほとんど売っていないので、

こればかりは釣り人の特権です。

ハゼの天ぷらを食べたかったら釣るしかないのだ!

 

落ちハゼシーズン始まりましたエクステンション

 

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

 

マジカルミライ2017

JUGEMテーマ:音楽

 

9月1日に「マジカルミライ2017」に行って来ました。

もう一か月も経ってしまいました。相変わらず更新頻度が低い・・・。

 

初めての参戦でしたが、ライブでめちゃくちゃ盛り上がって、ハジケて来ました矢印上

 

ライブ会場のお隣の会場で、初音ミク誕生10周年記念の企画展が催されていました。

 

早めに会場入りして企画展も楽しんで来ました!

スタッフさんに確認して、会場内の写真撮影はOKとの事でしたので、

いろいろ写真を撮って来ました。

 

等身大のミクさんがお出迎え〜

 

初音ミク展へようこそ!

 

〜創作の連鎖〜

「歌ってみた」や「踊ってみた」「弾いてみた」などいろいろあります。

 

 

イラストレーターさん達の作品が沢山出品されていました。

 

 

マジカルミライ2017イラストコンテストも開催されていました。

「あなたのイラストで新しい創作文化を彩ろう!」

イイですね!

 

ピアプロキャラクター。全部ちゃんと分かってなかった・・。

初音ミク、鏡音リン・レン、巡音ルカ、まではバッチリ分かっていましたが。

 

VOGUE誌に掲載されたファッションモデルの「初音ミクさん」です。

スゲー!

 

 

「初音ミク×手塚治虫展〜冨田勲が繋いだ世界〜」

のお知らせポスターですね。

 

手塚アニメの音楽を手掛けてきた冨田勲が大きなインスピレーションを受け続けてきたという、

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をはじめとした作品群を題材に作曲した「イーハトーヴ交響曲」の

ドキュメンタリー番組を観て、大変感動したのを思い出しました。

世界初演となった2012年の公演では、大友直人指揮の日本フィルの演奏に併せ、

「初音ミク」をリアルタイムで歌わせるという神業が披露されました。

 

その時の「イーハトーヴ交響曲」は直接観ることが出来なかったのですが、

冨田勲の遺作となった「ドクター・コッペリウス」公演を観ることが出来ました。

(冨田氏は2016年に他界されました。ご冥福をお祈りいたします。)

これも何かのご縁なのか、大学の同級生の娘さんが、出演する合唱団に所属されており、

是非観に来て、とご案内されたのでした。

 

オーチャードホールでの、このコンサートでは「イーハトーヴ交響曲」も演奏され楽しかったのですが、

唯一心残りだったのが、初音ミクがあまり前面に出て来ず、

ホログラムも小さめでやや迫力に欠けた感があったのです。

それを友人に話すと「だったら、やっぱマジカルミライとか行くしかねえんじゃネ!」

とアドバイスを頂き、ヨッシャそれなら一丁行ってみるか!となって、

今回の初参戦と相成りました。

 

 

だいぶ前になりますが、「美術手帖」の2013年6月号に初音ミクが特集されていて、

そうそうたる方々が初音ミク論を語っております。

(雑誌の表紙イラストはmebaeさんですね。)

読み物としても大変面白かったのですが、

冨田勲は「最年長のボカロP」として紹介されています。

冨田氏は雑誌取材の中で、

”人ではなく人形が演じる事で人間が演じる以上の凄いモノが出て来る”

”日本に脈々とある人形浄瑠璃などの文化。初音ミクはその電子版”

という趣旨の事を語っています。

うーん深い。

 

 

若冲も、安堵した。そうです(笑)。

天才絵師 伊藤若冲×初音ミク

 

 

 

マジカルミライ2017テーマ曲

米津玄師(ハチ)作詞作曲「砂の惑星」のブースです。

ミュージックビデオがカッコいいです。

 

マジカルミライ歴代ポスター勢揃い。

 

 

本格的な浮世絵もありました。

結構すごいです。

 

 

 

 

10周年記念ということで、ミクさんのお部屋がありました!

 

やっぱり楽器は沢山ありますね音符

歌に演奏に、ミクさん大忙しです。

観葉植物にネギを見つけた方は鋭い(笑)。

 

 

そして、肝心のライブは盛り上がり方がスゲー!でした。

戦利品のペンライトです。

これが無いとライブで一緒に盛り上がれませんよね!

 

(ライブ会場は写真撮影禁止ですので、写真はありません。残念〜!)

 

初日、9月1日のライブでは、

一曲目にいきなり「みくみくにしてあげる♪(してやんよ)」でテンション爆上げ(笑)矢印上

アンコールの「Hand in Hand」はヤバかったですねーゆう★

 

ライブでハジケたのは久しぶりでしたので、

本当に楽しかったですき

来年のマジカルミライも行きたいゾー!オー!

 

Yes! 満場一致〜だぁ〜♪

 

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会津釣行

JUGEMテーマ:趣味

 

今季二度目の会津釣行です。

 

時間がある時にはよく寄るお店でいつもの「キノコ雑炊」を頂きます。

ウマいんだなこれが。

 

先生の方は最近「キノコらーめん」にハマっておりますペコちゃん

 

イヤー、渓流って本当に心が洗われますね。

深山幽谷な雰囲気です。

 

今回のテーマはスピンキャストリールで釣る!です。


ゼブコオメガZ02に合わせるロッドで選んだのが
メジャークラフトのトラゥティーノTTS-B4102UL。

天然木のリールシートにアルミのオリジナルパーツ、
そして傾斜グリップなど、お安いのになかなか充実した内容です。

メジャクラっていうと価格の安〜い初心者向けメーカーなんて言われていますけど、
それがどうした!安さは正義だ!
ってことで、メジャクラファンです。
自分のような週末アングラーには安いが一番なの!

カッコいいぜ手

ゼブコ・オメガZ02PRO&メジャークラフト・トラゥティーノエクステンション

(ゼブコ&メジャクラって完全お子様タックルじゃねーか!いいさ、皆に馬鹿にされてやるゼ!)

 

 

 

小ぶりなイワナちゃんですが、魂入りましたエクステンション

美味しく頂く分以外は出来るだけリリースを心がけているのですが、

初モノなので記念に頂きました。

自然の恵みに感謝!

 

超真剣(笑)。

 

エミちゃんも初イワナをゲット!

 

そして先生がやってくれました!

ビッグワン出ましたエクステンション

27cm位でしょうか。

幅広の大型ヤマメです。

凄い引きで、マジ焦ったそうです。

ヒレピンの立派なヤツですね。

 

 

その日の晩ご飯はイワナ・ヤマメの塩焼きです。

 

おおーゴージャス矢印上

 

キャンプ場のご主人から会津地方の郷土料理「芋ったらし」を教わって、

早速作ってみました。ウマいです!

 

差し入れに味噌芋も頂きました。ありがとうございます。

美味しかったです!

 

翌日の朝食はこんなです。

簡単に済ませて、とにかく釣りです!

 

久しく使ってなかった、メガバス・ライブXスモルトを投入しての、

イワナキャッチき

嬉しいですね!

 

このゼブコですが、2日使ってようやく少し慣れてきた感じです。

まだまだ全然下手ですが。

 

スピンキャストは投げ方に慣れが必要です。

最初は投げた時にルアーがどこに飛んで行くか分からない状態でした。

よく、スピンキャストの投げ方を片手で投げると解説している事がありますが、

実は両手を使って投げる方が、サミングも出来るので合理的です。

オーバースローの両手投げを「トップスナップキャスト」と言います。

オーバースローが出来るようになったら、サイドスロー・アンダースロー、そしてバックハンドなど、

慣れれば変幻自在な両手投げが可能になります。

 

左手はロッド(フロントグリップ)を持つ方もいますが、

私は左手でリールをパーミングするように持って、人差し指と親指でラインをつまんでキャストしています。

これも自分が一番しっくりくる方法で握れば良いと思います。

自分の行く渓流では距離よりはコントロール重視のポイントが多いので、

オーバースローよりはアンダースローを多用しました。

コツはゴルフのアプローチショットのイメージでしょうか。

ピンを狙ってアイアンでポーンとボールを置きに行く感じ。

(ゴルフはやらないのですが、イメージとしてはそんな感じ?)

ご興味のある方はスピンキャストリールの投げ方、調べてみると面白いと思います。

子供騙しのようでいて、実は色々奥が深いんですよ〜、このリール。ムフフ。

 

 

先生はドクターミノーフローティングジョイントで良型ゲット。

(本波ロッド、カッコイイです!)

ドクターミノーは安さゆえに(?)なぜか評価が低めみたいですが、

名品ルアーだと思いますよ。釣れます。

 

そして、極め付けは

「グレート鱒レンジャー改」で、ベイトフィネス炸裂ジャーエクステンション

デカイワナ来たコレ!

こちらもお子様ロッドの代表格、

渓流戦隊「鱒レンジャー」ですが、先生にかかればこんなモンです!

やるじゃネ〜か!

ルアーはDUOの「スピアヘッドリューキ」ですね。これも名ルアーです。

 

 

うわー、やべー、釣れそー(笑)。

 

本当に楽しい釣行でした。

今シーズンは9月末日をもって禁漁になってしまいますが、

年券買ったし、もう一回行きたいなあ〜。

仕事の都合を無理やり付けるかァ〜。

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

 

絵付け修行中

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

当ステンドグラス教室では絵付け技法も教えています。

教会などのステンドグラスは多くの場合、絵付けが入っています。

(絵付け無しの作品ももちろん沢山ありますが)

そのような作品を修復する場合、絵付け技法を習得してないとできませんのでプロを目指すなら必須の科目です。

絵付け入りの新作を作る際にも必要な技術です。

 

まずは紙に描いて練習。

 

先生がお手本を・・。

 

大変繊細な作業です。手が震えます(笑)。

 

ハイ、頑張りましたエクステンション

大変よくできました花丸

 

 

線描きが完了したら、ここから「汚し技法」の練習です。

「古び」とも呼びますが、新品のステンドグラスを古いモノに見せる技術です。

古いステンドグラスを修復した場合、修理箇所が新品にみえたらそこだけ妙に目立ってしまいますよね。

そういう時にも大きな効果を発揮する技法です。

 

 

バジャーブラシという特殊な刷毛で、経年でちょっと汚れた古めかしい感じを出していきます。

簡単に見えて難しい作業。あたかも自然に汚れていった風にしたい。

わざとらしさが目立ってはいけません。

バジャーブラシは陰影などの調子付けにも使う道具です。

全てのパーツが準備できたらようやく組み立てに入ります。

もうひと頑張り!

 

 

 

こちらは蝶々柄のランプ制作中。

 

 

完成が近づいて来ましたネ手

電気を灯すのが楽しみですエクステンション

 

 

こちらの生徒さんはお皿作りに挑戦です。

ネイルとガラスの色が同じだァ〜き

 

サークルカッターの使い方講習を兼ねて。

 

ハイ!綺麗な円形が切れましたピース

これを電気炉に入れて加熱し、曲げることでお皿にします。

トンボ玉などバーナーを使ったガラス工芸を「バーナーワーク」と言いますが、

それに対して電気炉を使ったガラス工芸は「キルンワーク」と言います。

お皿は「スランピング」という技術で作ります。

 

キルンワークも大変奥が深く、勉強のし甲斐のある面白い技術です。

当教室ではキルンワークの内、主にフュージングやスランピングを教えています。

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

ゼブコオメガ Z02プロ  黒覆面参上!!

JUGEMテーマ:趣味

 

福島県会津方面へイワナ釣りに今季2度目の釣行が決まって、
秘密兵器を投入することにしました。

 

こ、これは!?
ゼブコのスピンキャストリールです。
又の名を
クローズドフェイスリール。
ゼブコ社から発売されているスピンキャストの最高峰、オメガZ02PROであります。

「フェイス」を「クローズド」するということで、訳すと「覆面」?ですね。
なのでこの種類のリールを覆面リールと呼ぶ人もおります。
Z02PROは黒なので、黒覆面。
ダースベイダーっぽいイメージもありますね。
怪しさ満点です!
イイエクステンション矢印上

 

ダイワの赤いスピンキャストリールにジオン軍のマークを貼って、
俺のリールはシャア専用だァ!ってやっておられる方のブログを読みましたが、
そういう楽しみ方、イイですね。

 

スピンキャスト使いと言えば谷地坊主。
谷地坊主スゲー!って言ってた世代なので。
厳密な事を言うと谷地坊主のはアンダースピンでしたね。
ダブルハンドのスピニングロッドを脇に挟んで・・
マニアック過ぎる話でスミマセン汗

 

世間では、この手のリールはお子様専用という評価になっているみたいです。
でも、
アメリカのバスプロと呼ばれる、釣りで生計を立てている方々の中にはこのリールの使い手がいるそうで、
プロが使う程なので本当のところはお子様専用ってことでは全然無いのだと思います。
ただ使い手を選ぶってことなんでしょう。
「使い手を選ぶ」ってなんかカッコイイ。

 

さて、渓流においては、
軽いルアーを手返し良く打って行く釣りでメリットがあるんじゃないかなあと思い当たり、今回投入することにしました。

 

 

パッケージを開けて、早速ロッドに取り付けて〜!!
ある程度は予測していた事ですが、やはりロッドへの装着で不具合が発生・・。
リールフットの厚みがあり過ぎて、リールシートに刺さんないんだよう( ノД`)シクシク…
仕方ない、削ろう。
ってことで、いきなり加工です。


最初グラインダーなどを使って削ってみましたが、結局棒ヤスリ使って手で地道に削る方がやり易かったわ。
アルミ製なので削るのはそんなに大変じゃあないです。
それにしても、
アメリカンなリールって、なんで日本のロッドにすんなり装着出来ないモノが多いんですかね。

 

それでですね、

デメリットを挙げたらキリがないリールのようですが、
色々目をつぶるとして、それでもなんとかならないか?と思うのが「糸撚れ」ゆう★
リールの構造上仕方がないのですが、工夫によって多少軽減はできそうです。

スプールにラインを巻く際、並行巻き出来れば、「糸撚れ無し」の状態から釣り始めることが出来るので、
使用感はかなり違うのではないか?と推測しました。

そこで、海釣り師にはお馴染みの「第一精工・高速リサイクラー」を使って
Z02のスプールにラインを並行巻きしてみました。
(ネットを見たら同じような事を考えておられる方がいらっしゃいました。)

高速リサイクラーにセットするには、ラインの空きスプール等でサンドイッチするようにします。

こういう事っすよ。

(真ん中の小さいのがリールのスプールね)

 


Z02のスプールは真ん中に大きな穴が開いているので、上手にセンター合わせをする必要がありますが、
まあまあ真ん中になっていて、回した時に大きく上下にブレなければ、大丈夫です。
濡れ布巾を使ってある程度テンションを掛けながら、且つ片寄りが無いように均一に巻いていきます。
(手動のレベルワインドのような感じ)

 

糸巻き量は色んな説があるみたいですが、巻き過ぎはトラブルの元になりそうなので、少な目。
スプールエッヂまで5舒麺召襪茲Δ亡いてみました。
庭でテストしましたが、キャストフィールは良好。
引っ掛かってルアーが飛ばない、とか、逆に糸の出過ぎによるトラブルも起こりませんでしたので、
これで行ってみたいと思います。

 

サンラインのトラウティスト・ワイルド4Lbを巻いてみました!

綺麗な緑色で視認性も中々に良さそうです。

 

覆面リールだけに「羊🐑の皮を被った狼🐺」ゼブコオメガZ02プロ。

お子様専用機が火を噴くぜエクステンション

か、どうかは、実釣してみないと何とも・・。
使い手を選ぶリールなので、そこも不安(アハハ)・・。

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

会津の渓流釣り

JUGEMテーマ:趣味

暫くぶりの釣りネタです。

夏休みなので、
福島県の会津地方に釣りに行って来ました。
センセイはルアーでしたので、自分はエサ釣りでトライ。


初日、釣り始めて間もなく、川の中で大転倒して負傷&頭からズブ濡れで戦意喪失(笑)。
私がまともに釣りをしたのは二日目のみ。

センセイはルアーで釣果を伸ばしました。

 

良型イワナですね!

 

綺麗なヒレピンネイティブ。

 

本波ロッド炸裂エクステンション

ナイス尺級手

わずかに尺に届かず、惜しい!


今回は餌でしたが、久しぶりに渓流に入って感じたのは、
思いのほか狙い方が難しいという事。
慣れの問題が大きいのだとは思いますが、
ルアーの方が狙い方が易しいのでは?と思うポイントが多々ありました。

エサ釣りの場合、仕掛けを入れる場所をピンポイントで良く考えてから投入しないといけないので、
なんだか難しさを感じました。
また、5m程度の渓流竿ですとある程度ポイントに接近しないと打ち込めませんので、
アプローチが難しい。
ポイントに接近していく過程で魚を散らしまくっている感覚に陥った(爆)。
なるべく不用意に川に入らない様、心がけてはいるのですが。
渓流釣りのウマい人はアプローチがウマいんですよね。

こっちは渓流歩きに慣れていないから、アプローチの段階で勝負が付いてしまうと言う様な
事が多くあった気がしています。

放流モノ相手だとそこまでシビアにならなくても良いかもですが、
ヒレピンを狙うとなるとやはり影響はあるように感じました。
まあポイントで大転倒すれば当然釣れない(笑)。

 

秋以降の防波堤釣りも視野に入れて購入した、おニューのロッドでイワナをゲットです!

小さいですが・・。

 

センセイはルアーで良い釣果を上げました。

 

私はエサ釣りの難しさを感じました。

 

 

ルアーの場合、魚に察知されないよう距離を取って狙えるのが最大の利点と言えましょう。
年券を購入したので今シーズンはもう何回か挑戦する予定。
そんな事で次回はルアーでも狙ってみたいと思っています。

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

生徒作品紹介(2017年5月・6月)

JUGEMテーマ:趣味

 

シリウスステンドグラス教室2017年5月・6月の生徒作品紹介です。

 

灯台の円形パネル。

 

お家型のキーホルダー。

 

小さめのランプ。

 

ジュエリーBOXです。

中敷きを入れて完成。

 

「ベルサイユのばら」のプレートですね。

ファンなら泣いて喜ぶ?仕上がり。

細かいデザイン頑張りました手

 

愛犬の壁掛け。

 

手鏡ですね。

ハンドバッグ用。

 

 

万華鏡できました。

 

中身撮影。

 

チューリップの天井吊り下げ型ランプです。

 

多肉植物の鉢?でしょうか。

 

チューリップ柄のパネル。

 

髪留めを作りました!

 

小物トレー。

 

ティッシュBOX。

 

バラのペンダントライト。

 

キューバの国旗ですね!

 

プルメリアの額縁。

 

当教室で人気のデザインです。

爽やかなブルーのガラスを使いました。

 

夏ですね!

 

愛犬を時計にしました。

 

テラリュームでしょうか。

 

壁掛け鏡。

 

 

体験レッスン開催中!

シリウスステンドグラス教室

 

 

 

多肉植物の花と胡蝶蘭の花

JUGEMテーマ:日記・一般

 

お教室では鉢植えやプランターなどで色々な植物を育てております。

多肉植物の花が咲いたのでご紹介。

分かりにくいのですが、

ぴよーんと茎が伸びてきて、お花がぱぱぱっと咲きました。

多肉植物の花ってあまり馴染みがないのでなんか不思議な感じ。

 

同じタイミングで胡蝶蘭が咲きました!

昨年、弊社ステンドグラス教室生徒作品展開催の際に頂いた胡蝶蘭です。

詳しい方から、花が終わってから、茎を全部切らずにある程度残しておくと、

そこからまた花芽が伸びて来る事があるからとアドバイスを頂き、

茎を長めに残しておきました。

すると1年後、茎の途中から芽が出てきて、また花が咲きました!

 

胡蝶蘭は花を咲かせるのが難しいと言われていますので、うれしいですね。

やや放置気味なお世話の仕方が良いのかも知れません。

 

水のあげ過ぎで枯らしてしまうパターンが多いと聞いております。

あげすぎると根が腐ってしまうのですね。なので、

お水は水苔が完全に乾燥してから、たっぷりとあげるようにしています。

 

肥料のあげかたなどはまだ良く知らないので、調べてみたいと思います。

胡蝶蘭は育て方が難しいので・・

 

 

ステンドグラススタジオシリウス

 

 

 

 

 

生徒作品紹介(2017年3月・4月)

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

シリウスステンドグラス教室2017年2月・3月の生徒作品紹介です。

 

熱烈広島カープファンの生徒さんが、カープ愛でお作りになりました!!

スンゴイですっ!!

 

2色で一組のランプ。

 

額縁です。中には、もう一つの習い事【書道】の作品を入れる予定です。

ステンドグラスと書の組み合わせ、面白いです。

 

おやすみランプ

 

小型のテーブルランプ。

 

アクセサリーのパーツ作りです。

フュージング技法で作りました。

 

小物入れ

 

市販の額縁にガラスで装飾をしました。

カットしたガラスを透明のシリコンで貼って作ります。

 

椿とウグイス。

 

小物トレー

 

ホワイトメインでシンプルに作ったランプ。

 

ユリのパネル。

 

天井付けのランプ。

ガラスの色が綺麗です。

 

2枚組の写真立て。

 

天井付けペンダント。

琥珀色のガラス良いですね。

 

ダヤンのファンの生徒さん。

周りの装飾もイイですね。

 

壁掛け装飾。

ワイヤーでお名前を作っています。

 

ニャンコの壁掛け。

作ったお目めがカワイイ。

 

パイナップルのデザインのおやすみランプ。

 

テーブルランプ

 

ショップのネームプレート。

 

行燈型のランプ。

 

花びらの蓋を付けた小物入れ。

 

吊り下げ型のテラリュームです。

 

ご自宅の出窓に取り付けたパネルです。

 

 

新しい趣味を始めてみたい方。

クラフトに興味がある方。

ステンドグラス作りを始めてみませんか。

体験レッスン好評開催中!

ステンドグラススタジオシリウス